« 栗林公園 | トップページ | 伏見稲荷 »

赤穂温泉

旅行日 2014.1.11(土)
旅行先 赤穂温泉

この三連休も旅行する気満々だったんやけど(笑)成人式で次女が帰ってくるので泊まりは無理(;´Д`)、ならば近頃はやり?の日帰り温泉に行くべ、と思い立ち、とっさに決めたのが今回のプチ旅だよん(^-^)v

当日は高速バス、電車、路線バスと乗り継いで、約3時間で目的地、赤穂温泉へ。
で、赤穂と言えば忠臣蔵、という訳で、まずは駅構内&周辺の様子(^o^)

Akou_1 Akou_2 Akou_3 Akou_4

Akou_5 Akou_6 Akou_7

上段右から2番目は言わずと知れた松平健さん扮する内蔵助、駅2階の観光センターにあった写真で、第110回記念赤穂義士祭のものだとか、そして下段右は駅に続くメインストリートの街路樹の松!!こんな風にずらっと並んでて、道路を松の廊下に見立てるセンスに感心(⌒∇⌒)

さて、目的地の赤穂温泉には11時頃到着したけど、まだ昼食には少し早いということで、とりあえず瀬戸内海を眺めつつ海岸沿いの遊歩道を散歩(^o^)
このところずっと日本海づいていたけど(笑)こんな風に穏やかな海もいいよねん(^_-)-☆

Akou_8 Akou_9 Akou_10 Akou_11

Akou_12_2 Akou_13_2 Akou_14_2 Akou_15_2

上段は伊和都比売神社、下段は遊歩道から見た海、右から2番目は名残の松があったことを示す石碑、赤穂城開城後に山科へと向かった内蔵助が、海上からここにそびえる松の老木を見返りつつ名残を惜しんだんだとか・・・んん~・・情景が目に浮かぶよねん(^o^)(←ちなみにσ(^_^)の場合、役者はやっぱ松平健さんで(^o^))
あ・・右端は神社境内にあるお菓子屋さん&カフェ、いくつかお土産に買ったけど美味しかった~(*^。^*)、ケーキも食べたかったなぁ・・・

さて、12時近くなったのでいよいよランチ&温泉、今回予約したのは潮彩きらら祥吉さん、スタッフのみなさんの接客も感じが良くてグー(^-^)g""、食事は牡蠣懐石、あんま知らなかったけど、冬の赤穂と言えば牡蠣、なんだそうで、牡蠣好きのσ(^_^)としては迷わずチョイス(^o^)、なるほど身が大きくてぷっくりしていて美味しかったよん(^_-)-☆
ちなみに土曜だからかほぼ満席の大盛況やった(^o^)
もっとも、もともと牡蠣の海っぽさ(;^_^Aがちょい苦手・・という夫の感想は・・

牡蠣以外は美味しかった・・・

あんたなぁ・・・_| ̄|○

Akou_16 Akou_17 Akou_18 Akou_19

Akou_20 Akou_21 Akou_22 Akou_23

Akou_24 Akou_25

ちなみにお値段は料理単独だと考えるとやや割高やけど、温泉とセットなんでまぁ妥当かな、と思う(^-^)v
下段右は食事処から眺めた海(^o^)

そして温泉!!
露天風呂はこぢんまりとしていたけど眺めは抜群(^-^)v、特に1人用の壺風呂は湯温も温くて、潮風に吹かれ(←冷たかったけど(笑))波音を聞きつつ、と、五感をフルに使っての入浴はサイコ~やったヽ(´▽`)/

Akou_28 Akou_29 Akou_30 Akou_31

写真左はプール、夏は家族連れで賑わうんやろな、と(^o^)
隣が大浴場、専ら露天ばっかでほとんど入ってなかったり・・・(^^ゞ

さてさて
帰りは路線バスを途中で降りて赤穂城跡から駅まで歩き観光を・・・と考えていたら、お宿の方で送ってくれてラッキー(^_-)-☆
・・・という訳で、最初は赤穂城跡付近から

Akou_32 Akou_33 Akou_34 Akou_35

Akou_36 Akou_37_2 Akou_38_2 Akou_39_2

左から2番目は赤穂義士、近藤源八宅長屋門、隣2枚は大石家長屋門で下段左が瓦に描かれた家紋、右端は城跡全景・・・ロマンやなぁ~~(*^。^*)

次に大石神社、ちょいと商魂たくましげな感じ(^◇^;)

Akou_40 Akou_41 Akou_42 Akou_43

Akou_44

左から2番目、左右にならんだ義士達の石像が兵馬俑っぽい・・・と思ったら、説明板に兵馬俑作成技術保持者作、とあって納得(笑)、寄付者には少なからず子孫と思しき方々の名が・・(^o^)、そんな中からとりあえず矢頭右衛門七くん(くんて・・・)をパチリ、峠の群像でヨッちゃん(野村義男氏ね(^o^))が演じたんだよねん(*^。^*)、右端が神殿で下は記念撮影用巨大絵馬(笑)、もちろんσ(^_^)も撮ったよんσ(^_^)

3番目は花岳寺、こちらは浅野家初代によって建立され、その後赤穂藩歴代藩主の菩提寺となったお寺、先の大石神社と違ってひっそりと佇む感じがグー(^-^)g""、境内には四十七士の墓や資料館なんかがあるらしいんやけど、時間切れで見られなくて残念(;´Д`)

Akou_45 Akou_46 Akou_47 Akou_48

右から2番目は枯れてしまった見返りの松の幹、そして右端は見返り松2代目(^o^)

最後に、忠臣蔵映画でもおなじみ、殿の刃傷事件を知らせに早駕籠で国元に戻った藩士2人が、ここでやっと一息ついたという井戸、通称「息継ぎの井戸」と隣に立つからくり時計、時間が合わなくてからくりが見られなくて残念(;^_^A

Akou_49 Akou_50 Akou_51

以上で観光終了、来た時と同じ手段で再び3時間で地元まで・・・やや慌ただしかったけど、色々と楽しめて良かった~(^o^)
次もし来る時があれば今度は泊まりでもっとゆっくり見て回りたいよん(^_-)-☆

« 栗林公園 | トップページ | 伏見稲荷 »

日帰りプチ旅備忘録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 栗林公園 | トップページ | 伏見稲荷 »