« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

神鍋溶岩流渓流ウォーク

旅行日 2013.9.8(日)
旅行先 神鍋高原

このところウォーキングツアーにハマっているσ(o^_^o)達夫婦、この前行った四国カルストが良かったんで、勢いに乗って(笑)今回も同じ旅行社さんで日帰りツアーに参加。

前回と同じく7時半に地元を発って高速道路をひたすら北上、約4時間で兵庫県の日本海側、所謂但馬地方に広がる神鍋高原に到着(^。^)、まずはブルーリッジホテルのレストランでランチ。
んが・・・前回なかなかの満足度だったんで今回も期待してたのに、見事に外れても~た・・・(^◇^;)
夫曰く「煮詰まった」ミネストローネ、何とも不味いf(^ー^;サーモン、そして極めつけは、見た目は可愛いのに、口に入れた途端、冷凍特有の水っぽさとスカスカ感f(^ー^;がトホホな(^◇^;)付け合わせのベビーキャロット、ちょっとギャップがありすぎて泣けてくるわ・・(;^_^A アセアセ…
定番、スズキのポワレはまぁそこそこの味やったけど・・・
あと、パンも美味しかったかな

K_1 K_2 K_3

左から「煮詰まった(爆)」ミネストローネ、メインプレート、パンナコッタ

う~みゅ・・・これはひとえに、1人約9000円というツアー料金故の料理だと信じたいf(^ー^;
この中からホテル側に支払われるお金なんてたかが知れてるだろうと・・・つまり、それなりのお金を出せば、ちゃんとしたものを食べさせてくれるハズだと・・・
とは言え、そういう、少ない予算でやりくり的な部分を差し引いても、もう少し何とかして欲しかったぞf(^ー^;
ていうか、一見の客(←夫談)相手だからこそ、安くても美味しい料理っつ~もんを工夫して欲しいよん・・

以上、雰囲気とかはなかなか良さげな感じのリゾートホテルなんで、σ(o^_^o)としては珍しく!?あえて苦言を呈してみた(^^ゞ
あ・・何のかんの言いつつ、もったいないんでf(^ー^;一応完食したことを付け加えとく(^^ゞ

さて、食後はいよいよ渓流ウォークということで、植物を愛する熱血おじさまガイド(#^.^#)のもと(^。^)、稲葉川沿いの遊歩道を歩いて、神鍋山から流れ出た溶岩(←玄武岩質なのでさらさら(^_^))が冷え固まった後、長い年月をかけて川の浸食を受けて作られた景観を愛でつつ、そこここで立ち止まって野に咲く花々の和名とその由来も教えてもらうことに。
その間約2時間余り、適度にアップダウンあり岩場あり生活道路あり(笑)で飽きない約2キロの道のりやった(^_^)
昔大学でそれ系の(それ系て・・)勉強をした身としては、もう少し地質学の話もして欲しかったけど、ガイドさんの得意分野もあるんだろうし、そこまで望むのは贅沢かな(笑)

K_4 K_5 K_6 K_7

K_8 K_9 K_10 K_11

K_17 K_13

ともあれ、降水確率50%だったにもかかわらず、毎度日頃の行いの良さが幸いして(笑)心配した雨も降らず、むしろ曇り空で日焼けの心配もしなくていいという好条件の元、いい汗がかけたと思うよん(^。^)
でもってその後は又ブルーリッジホテルに戻って入浴、温泉で汗を流してさっぱりしてから帰路につき(^_^)予定よりかなり早い午後7時40分頃に無事帰宅。
そうそう、途中トイレ休憩で立ち寄ったSAで、丹波と言えば・・で、黒豆ソフトも食べたし、お馴染み淡路島SAでは最愛の(笑)藻塩ソフトにも再会できたしで、ご当地ソフト好きとしても久々(←最近胃の調子がイマイチやったし、何より太ったし(^◇^;)で控え中・・(;^_^A アセアセ…)大満足やった(笑)

K_14 K_15 K_16

左から、黒豆ソフト、すっかり秋っつ~感じの空があまりに綺麗だったんで車窓から、そして愛しの(*^。^*)藻塩ソフト。相変わらず美味しい~~o(^o^)o

ということで・・・来月も又同じ旅行会社の日帰りウォーキングツアーに参加する予定(爆)
つか、その前に他社の東北ツアーと、夫還暦祝いを兼ねた個人旅行に行くんやけど(笑)そっちの感想・・てか備忘録はサイトの方やな。
あ゛、その前に、先月行った伊勢志摩旅行の記録もUPせんと・・・
忘れてしまわん内に頑張ろ・・・(;^_^A アセアセ…

見たよんっ!!(^_-)-☆

何がって・・・もちろん、超解像度デジタルリマスター版ウルトラマンティガっすよ奥さん!!
悲しいかな今日は休日出勤だったんで、とりあえず録画予約して無事捕獲(^^)v、たった今観賞終了(^_^)

で、感想

綺麗になっとうやん~~~!!ヽ(*^。^*)ノ

いやあ~・・・いつぞやの記事で、去年六本木ヒルズで見た時はそんなでもなかった、とか何とか書いた覚えがあるけどf(^ー^;、今ここに謹んで訂正するわ(^^ゞ

マジ想像以上にレベルアップしとった(*^。^*)

とりあえずHDリマスターされた映像の常として、コントラストが際だったメリハリのある画になっていて、特に合成なしセット撮りの部分は目を見張る鮮明さ(^。^)
・・・つか、鮮明すぎて!?カシムラ博士がやたら白塗りに見えてしまうというおまけ付きやったぞ(爆)
ってのはともかく(笑)、逆に言えば、ビデオ合成のとこはそこまでの画質改善はされてなかったんで、予想はしていたとはいえ、ちょいと残念ではあったんやけどf(^ー^;

あ・・あと、動きのある画面も苦手なのか、謎の隕石を前にしたGUTSメンバーの表情をパンで捉えたショットも、う~ん・・・つ~感じやったな(^◇^;)
ま、これに関しては、元々の素材がかなりぼやけてるんで、修正できる限界を超えてたのかも知れんけど(^^ゞ

ともあれ、思っていたよりずっとクリアな画質になっていたのは確かなんで、今回のHD化に携わった技術スタッフの皆さんに改めて敬意を表するとともに、無事放映終了の暁には、あまり間隔を空けずにBD-BOXを発売してくれるよう、この場を借りて再度お願いしとくわ(^^ゞ

でもってその折には特典として、GUTSメンバー全員集合座談会と、当時のメイキングビデオの完全版(←ここ重要)収録も忘れずにねん(^_-)-☆

頼んまっせ円谷さんっ!!(^^)v

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »