« 第35話「眠りの乙女」 | トップページ | 第37話「花」 »

第36話「時空をこえた微笑」

サイトにUPしているウルトラマンティガ各話感想をこっちにも移植することに(笑)
1話から44話までは1999年~2000年、それ以降は2012年に書いたものだよん(^_-)-☆

●感想つれづれ

「淡い恋心に揺れる思春期の少年!!しかし彼女の正体は・・!?」(←新聞TV欄アオリ風(^^;;)ってんで、ヤズミくんほんのりらぶらぶ話第1弾(笑)。いきなり冒頭シーンでネタが割れちゃうけど、そんなことは問題じゃなくて、ヤズミがテヅカユリちゃんと心を通わせていくプロセスそのもの、そしてそれを通して垣間見える彼の過去・・といったものに惹かれるっす(^^)。実際ヤズミもかなりの天才少年、それ故に子供時代は周囲と合わなくて孤独だったんだろ~なぁ~・・・としみじみ思ったり。ちょっぴりしんみり、でもラストは暖かで思わずジーン・・っていう感じが心地よくて、個人的には好きな話っす。
んで又、相手役のテヅカユリちゃんがめっちゃ可愛い!!(^o^)。プラスちゃんと儚げなところを併せ持っているのが◎(^^)。セーラー服にお下げ髪、ってのもポイント高いっす~~(←オヤジ入ってるかも・・(^^;;)
あ、なんか能力はもの凄く高そうなのに、二人のドラマ部分に隠れてしまって今イチ印象が薄いゴルドラスがいとあはれっす(笑)

●シンジョウチェック!!

おや~、ヤズミの留守の間、コンソールでパソコン操作してるっすよね~~!?・・・やればできるじゃん(爆)。
で、テヅカユリちゃんから話を聞くための相手を選ぶシーン・・お約束とはいえ張り切ってますね~(^o^)。冒頭、張り切りすぎてフレームアウトしちゃってるのがちょっと悲しい・・(笑)。・・・あ~あ・・、晴れて選ばれたものの、面と向かうと何をどう聞いていいか分からなくてどぎまぎしちゃって、結果怪しまれて警戒されまくる情けな可愛い(←ポイント(^o^))シンジョウ・・っての、見たかったな~~~(核爆)

●墜落コンビの記録(^^;

この時って、確か副業の(笑)歌のお仕事が忙しかった(←みんなでLAに行ってたんじゃ・・??)筈なんで、ほとんど出てこないダイゴ・・・(^^;。んでもしっかりGW1号を単独で墜としてるトコは墜落コンビの名に恥じない!?って感じっす(笑)。
あとは例の「お手手パンパン」・・・あれって『星のフラメンコ』っすよね~!?、やっぱ・・・(←古っ・・(爆))

« 第35話「眠りの乙女」 | トップページ | 第37話「花」 »

ウルトラマンティガは永遠に(^_^)v」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第35話「眠りの乙女」 | トップページ | 第37話「花」 »