« 祝!!!! | トップページ | 第32話「ゼルダポイントの攻防」 »

第31話「襲われたGUTS基地」

サイトにUPしているウルトラマンティガ各話感想をこっちにも移植することに(笑)
1話から44話までは1999年~2000年、それ以降は2012年に書いたものだよん(^_-)-☆

●感想つれづれ

何つってもビザーモリアル過ぎ(爆)
も、ぬとぬと・ずるずるが生理的にダメダメ(笑)で、見る度にさぶいぼ(←関西弁)が(^^;。怪獣形態も、よく言えばありくい、悪く言えば蛭(^^;な頭部?に気持ち悪さ感集中、おまけにビザーモホリイ&ダイゴもグロと、ビジュアル面はかなりウゲゲ・・(^^;;だけど、その反面「よくぞここまで」ってな感じで秘かに感心もしていたり(笑)。それに役者さん達の演技も、例えばビザーモに取り付かれていたレナが、救出後タオルで顔を拭ってる(←誰が渡したのか気になる~(笑))・・等々、よりリアルさを強調していて◎(^^)。只唯一の不満は怪獣形態の最期、あれはやっぱ爆発じゃなくドロドロ・・と溶けて欲しかった・・(爆)
一方基地内サスペンスなストーリーとSFちっく(笑)な設定は結構好み、ホリイの科学者としてのキャラ性も良く出てるし・・で、トータルすると個人的には割とお気に入りの話っす。
んが・・実は根本的な疑問として、今回出てきた様なコンピューターのシステム開発は、そもそもホリイじゃなくヤズミがやってる筈なんじゃ・・!?ってのがあるんっすけど・・(^^;;;、ま、パスワードのはまり具合(^o^)に免じて、それはこの際気にしない、って事で・・・(笑)

●シンジョウチェック!!

結構見どころありあり(^^)なこの回、なんせ冒頭からホリイ相手にボケてるし(笑)、たまごっち(懐)にヤズミとごっつん(^o^)と小ネタも充実、おまけにたまごっちにはEDのみのカットもあるし・・と、かなり楽しめるっす(^^)。
で、そんな中今回最大のツボはホリイの救出シーン・・、「うわっ・・汚ねっ・・!!」って・・シンジョウ正直すぎ・・(^◇^)。んでも、こういうさり気なくリアルなカットの積み重ねが、GUTSメンバーキャラの魅力になっていった訳で(^^)。ラスト、PDIのビザーモダイゴの残骸に気を取られてて、本物のダイゴの方を向くのがみんなより一瞬遅れるところの影丸さんの演技なんかも、とても15時間ぶっ続けで飲んでいた後とは思えない細かさっす・・(爆)(←「地球はウルトラマンの星」参照(笑))
なお、ビザーモによる基地の占拠後、「くそっ!!・・ダイゴ!ホリイを救出に行くぞっ!!」から後のシーンのかっこよさはもはや定番(^^)、特に、「ダイゴ、どいてろ!!」とハイパーを構える姿は、いつもと違って照明が落ちた中にすらっとした上半身がシルエット状に浮かび上がってスタイルの良さを強調、も、最っ高~にかっこいいっす~~~(*^o^*)(*^o^*)(*^o^*)。なので・・あの時開閉システムを壊した筈なのに、基地機能回復後は何故にドアが自動で動いているのか、ってのは・・・やっぱ謎のままにしとく方がいいっすよね??(爆)

●墜落コンビの記録(^^;

レナのピンチに思わずGW1号を脱出、そのまま空中で変身してるダイゴなんっすけど・・・あの1号、そのまま墜ちてたら悲惨すぎ(爆)。なのであれは自動操縦状態でずっと飛んでたんだと解釈することに(笑)。そうそう、変身と言えば・・・あの2号の受け止め方は本来NGっすよね~。レナちゃんGUTSメットもシートベルトもしてなかったし(爆)。
一方のシンジョウは、なんかデ・ラ・ムしか使ってない様に見えるけど、いくら何でもそれじゃあ不自然なんで、2号で現地近くまで飛んで地上メカで近づいた、ってことで。んでも実際にコクピット姿が見られないのはちょい寂しいっす・・・(^^;

« 祝!!!! | トップページ | 第32話「ゼルダポイントの攻防」 »

ウルトラマンティガは永遠に(^_^)v」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 祝!!!! | トップページ | 第32話「ゼルダポイントの攻防」 »