« 第14話「放たれた標的」 | トップページ | 第16話「よみがえる鬼神」 »

第15話「幻の疾走」

サイトにUPしているウルトラマンティガ各話感想をこっちにも移植することに(笑)
1話から44話までは1999年~2000年、それ以降は2012年に書いたものだよん(^_-)-☆

●感想つれづれ

ティガにはいわゆる「名セリフ」っていうのが数え切れないぐらいあると思うんですが、今回の場合は、シンジョウ「今は・・上手く説明できません・・!」、マユミ「ごめんね・・自動車壊しちゃったよ・・・」、ホリイ「・・そないな理屈はどうでもええか・・・」の3つじゃないかと。等身大の言葉で、なおかつそのキャラの心情を的確に表していて(+3つめは、この話自体を無理なく成立させる力も)見事っす。
加えて一味違うカメラワークは、川崎監督ならではのものかな。いずれにせよ、おそらくは某氏のけいちゃんへの愛が元で考え出されたキャスティング&プロットを、ここまでのストーリーに昇華してしまうスタッフの熱意と、ティガっていう作品自体が持つ「力」を感じます。個人的にも、悲しいけど大好きな話っす。
ガゾート再登場。レーダーに映る映像が、6話の使い回しなのがちょっとだけ気になる(笑)。今回は脇に回ってますが(笑)、やられ方が結構新鮮。あ、変身後に手の具合を確かめるティガの描写も新鮮で、これが後々の「人間ウルトラマン」への方向づけになったのかも。
OPが変更、メカ中心で燃え燃えっす(^^)。ラストもかっこいい!一方EDはタクマ&マユミグラフィティ、やっぱ愛、っすね、○長っ!!(爆)

●シンジョウチェック!!

もう冒頭からいきなり目が離せません状態(笑)。「やっぱダメだわ」「・・は!?」最高っす!!マユミちゃんとの会話での動揺しまくる姿も超らぶり~&きゅ~とっ(←久々表現(笑))、中でも、今夜予定を空けとくよう言われて、力無くふるふるする仕草は超絶可愛いっ(はぁと)。その後のダイゴとの会話もいいですね~(^^)。思えば4話の絡みでは、2人ともまだちょっとだけセリフに固さがあったけど、今回はごくごく自然、撮影が進んで役者さん同士もうち解けてきたんだな~、っていうのがよく分かって嬉しいっす(^^)。(←そうそう、長野くんがPDIを取るまでの仕草がやたら自然なのは、実際にケガしてたから、ってのもあるかも(笑))
一方事態が急変してからは、思い詰めた表情が又そそる~(爆)。特にGW1号での出撃時、ワンカットだけ挿入されるコクピット内での表情には、見ているこちらも胸を突かれるっす。
そしてラスト・・、泣きじゃくるマユミ(←けいちゃん、上手いっっ!!)に胸を貸すことしか出来ない兄・・・その背中が心中を全て物語っていて切ないです(T-T)。
とにかく今回は絵的にも見どころ満載、皆さんもご一緒に色んなシンジョウを堪能しましょうねっ♪♪(笑)

●墜落コンビの記録(^^;

いやぁ~見事な墜ちっぷりっすね~~(笑)。2人の息もぴったり、会話も絶妙、墜落後の包帯姿もグー、と三拍子揃って、まさに「墜ちます魅せます、墜落コンビ」って感じ(爆)。
んで、今回墜落したのが久良々島沖、2話のガクマがいた島で、この細かなこだわりもたまりませんっ(^^)。で、こだわりと言えば、この2人の負傷で戦力17%ダウンなんっすけど、2人の比率が気になるのって・・私だけ!?(ヤズミの訴えの真意も・・笑)
今回は地上でも一緒に行動、シリアスしててもやっぱいいコンビっす(^^)
あ、ダイゴの変身シーン、さりげに腰入ってます(←さすがジャニーズ(爆))

« 第14話「放たれた標的」 | トップページ | 第16話「よみがえる鬼神」 »

ウルトラマンティガは永遠に(^_^)v」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第14話「放たれた標的」 | トップページ | 第16話「よみがえる鬼神」 »