« 第19話「GUTSよ宇宙(そら)へ」(前編) | トップページ | ほぼ独り言(笑) »

第20話「GUTSよ宇宙(そら)へ」(後編)

サイトにUPしているウルトラマンティガ各話感想をこっちにも移植することに(笑)
1話から44話までは1999年~2000年、それ以降は2012年に書いたものだよん(^_-)-☆

●感想つれづれ

・・・で、何とかゴブニュは倒せたけど、時間切れでティガは消失。そしてこの時初めてダイゴは自分がティガであることの意味を自問自答し、得た結論が、「戦っているのは僕だけじゃない」って事。で、それに対するユザレの言葉が、「人間達が力を合わせなければ次の時代へは進めない。」と、前編の問いを受ける形で、この時点ですでにラストに繋がるキーワードが示されているのが興味深いっす(^^)。
んで、ホリイの「科学や技術は・・・」のセリフや、ヤオ博士の「人類が間違った進化をしない様に・・」のセリフで示される様に、それはつまり、「(力を使う側の)人の心が正しくありさえすれば、必ず新しい未来は開ける」っていう風に言い換えることが出来るんじゃないかと思う訳で、確かに理想論かもしれないけど、個人的にはその前向きさが心に響くっす。尤も、初めて見た時には、スタッフ、1stガンダム世代なんだ~、とか思ったりもしたのですが(笑)。
ところで今回もキャラ描写が秀逸、ダイゴとレナもさることながら、相変わらずのコンピューターオタクぶりと、「でしょ!?」二連発で、ヤズミくんの魅力爆発っす~(爆)。初めて基地の外にも出てるし(^^)。
あ、最後に今回の敵の設定、昔慣れ親しんだSFを思い出させてくれて、個人的にすごく好きです(^^)

●シンジョウチェック!!

で、前回から続く小中さん的シンジョウなんっすけど、今回はやっぱ「お願いだってよ・・・」に尽きるんじゃないかと。あっちゃ~、ちょっとス○ベ入っちゃったかな~?、って感じ!?(爆)。普段のキャラ性から言って、ちょい違う?と思わないでもないですが(笑)、でも、ああいう極限状況時、しかも今までほとんど性差なんて意識した事がなかったであろう人間から、あんな風に懇願されたら、そりゃコタえるわなぁ~、って事で。こ~れ~は、一瞬ビジュアル想像したんじゃないの?んん~分かる分かる~(爆)(←って、一体何書いてんだ私・・(^^;; )。んでも気ぃ逸らすから、案の定危ない目に(笑)。あぅ~、墜とされなくって、ホント良かったね・・・(爆)。
んで、機械島に捕らわれてからは、酸素も残り少なくなってきて苦しそう・・・だけど、その表情が又私的には激ツボだったり・・・(核爆)。
あ、ラスト近く、帰ってきたダイゴに抱きつくレナを見て何ともなかったのかな!?って、少し気になるっす。というのも・・・今までのシンジョウ、レナとは仲間以上の何者でもない、と、自分では思ってたんだけど、実は無意識下ではかなり気になっていて、それがさっきの一件で自分の気持ちに気がついて・・・(←って、妄想止まんないのでこれで終わり!!(爆))

●墜落コンビの記録(^^;

2人とも墜ちずに(代わりにホリイさんが・・(^^;)活躍してるんっすけど、シンジョウの、「デラック砲でぶっとばして・・」発言、とても養成学校出のエリートとは思えましぇん(泣)。なんか「物理赤点」のダイゴと大差ないんでは?(爆)。実技(って言うの?・・(^^;)で点数稼いだタイプ!?、もしくは早くカタをつけたくて、何も考えずに言っちゃったのか??・・(^^;;。
一方のダイゴは、海に落ちた(←長野くんが船酔いで苦しかったのって、多分この回っすよね?迫真の演技なのはそのせいかも(笑))ものの後は大活躍、ADとの通信に成功した時のみんなの嬉しそうな表情がいいっすね。いゃあ~、GUTSって、やっぱ最高やわ~!!(^^)v

« 第19話「GUTSよ宇宙(そら)へ」(前編) | トップページ | ほぼ独り言(笑) »

ウルトラマンティガは永遠に(^_^)v」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第19話「GUTSよ宇宙(そら)へ」(前編) | トップページ | ほぼ独り言(笑) »