« 全力でCM(笑) | トップページ | とりあえずお知らせ・・ »

ウルトラマン・アート!展

マジ成田亨氏の原画が素晴らしすぐる~!!

・・ってことで(^o^)
レナ役の吉本多香美さんの41回目の誕生日(←おめでとうございます(^o^))でもある本日、地元最寄り停留所から高速バスに乗ること1時間20分、隣県の高松市美術館で開催されている「ウルトラマン・アート!」展に行ってきたよん(^_^)v

昼前に着いて、まずは予め決めていた「中国料理 桃花苑」さんで、ひとりランチ(^_-)-☆
土・日・祝日用のWランチにしたんやけど、1400円とリーズナブルで美味しくて、CPめちゃ良かった~(^o^)
食後のコーヒーまでゆっくりと味わって(←杏仁豆腐にしなかったのは少しでも糖質制限をと(笑)なのでご飯も残してごめんねf(^ー^;なんせ3キロがぁぁ~・・・ってしつこすぎ・・(^◇^;))、12時過ぎに店を出、いざ美術館へ(^o^)

外観とか正面はこんな感じ(クリックでポップアップ!)

P1010149_2 P1010151_2 P1010150_2

中にはいるとこんな感じ(^o^)

P1010143_2 P1010146_2 P1010147_2

特設展は2階で、そこで当日券も販売しているとのことで、早速GO!!
丁度数日前に入館者数が1万人を突破したみたいやけど、思ったとおりお昼時なんで、かなり空いとった(^_^)v
もっとも、ほぼ2時間半ぐらいいたんで(^◇^;)、そのうちだんだん増えて大盛況になってたけどな(^o^)
気になる客層は、マニア1~2割、昔を懐かしむシニア世代3~4割、親子連れ3~4割っつ~構成で、ウルトラ人気の幅広さを、改めて目の当たりにした感じ
ちなみに↑の分類上(分類上て・・)σ(o^_^o)はというと・・一応、薄~い特撮ファン、ということで(^^ゞ・・・いいよねん??・・・(;^_^A アセアセ…

ともあれ、入ってすぐが撮影可スペースで、子供から大きなお友達まで大喜びの被写体がずら~りとお出迎え(^o^)

P1010123_2 P1010119_2 P1010136_2

P1010125_2 P1010121_2 P1010122_2

上3枚は言うまでもないんで、下はというと(←これも言うまでもないってかf(^ー^;)、順にメトロン星人、ビラ星人、マグラー、の面々(面々て・・・)
んでも、実はマグラーは名前が分からなくて、結局図録で確認したわ(^◇^;)
やっぱ薄~いファンやし~・・・(;^_^A アセアセ…

でもって、もちろんメトロン星人は、自分も畳の上に上がって、「狙われた街」気分が味わえるようになっているという王道な作り(^o^)
次々にモロボシダン気分を味わっているおじさま方、みなさん童心に返ってらして、横で見てるだけでこっちもほのぼの(^_^)・・実に素敵な空間やった(^o^)

そうそう、こっちもかっこええ~!!のウルトラメカ
並んでた順に・・・

P1010127_2 P1010128_2 P1010129_2

この3枚ももう言うまでもないかな(^o^)

てことで、次の部屋からは撮影禁止で、順に成田亨さんの原画、佐々木明さんの造形、池谷仙克さんの原画、高山良策さんの造形と続いて(←この中でお名前を存じていたのは、恥ずかしながら成田さんと高山さんのお二人だけ・・薄いファンなもんで・・(^◇^;))、その他当時の撮影に使ったゴモラやキングジョー等の貴重な造形物とレプリカの数々に科特隊やウルトラ警備隊の基地のジオラマ、更には当時の隊服(フジ隊員とキリヤマ隊長(^o^))やヘルメットにウルトラガン等の貴重な小物の数々、プラス、当時の撮影用スチールやスナップショットの数々、加えてウルトラQ、マン、セブンの台本と、セブン最終回の金城氏直筆原稿!!(←もち正体バレシーンもあり(^o^)ちょっとセリフが違ってたみたいやけど)、おまけに、バンダイさんやらメディコムトイさんやら海洋堂さんやらの、マン&セブン食玩・ソフビ・ガレキまでが綺麗に展示されていて、まさに第1期ウルトラファンなら随喜の涙を流しまくって大歓喜すること間違いなし(笑)の展示やった(^o^)

あと、現代美術家の伊藤隆介さんと仰る方の、ウルトラマンをモチーフにしたインスタレーションもあって、作家さんの意図するところはともかく(←感性貧困なもんで・・(;^_^A アセアセ…)、単純に極小ミニチュアのウルトラマンが、スクリーンに悠然と飛行しているように映し出される様が面白かったよん(^o^)

そうそう、当時の撮影用小物や台本の数々、つまりここに展示されているそれらのほとんどが、以前からお名前だけは存じていた、M1号代表、西村祐次さん所有のものだったんやけど(←んでも、中に数点、映画監督(つか、メビウスも監督されてたよねん(^o^)ついでにパパ(近衛十四郎さま)ファンでもあるという(^o^))の原口智生氏所有のものがあったのも、しっかりチェック済(^_^)v・・って、どんなんや自分・・(笑))、そのどれもが本当に綺麗で保存状態も良くて、まさにマニアならではの愛情のかけ方やなぁ・・と心から感心したことも付け加えとく(^o^)

で、どの展示も良かったんやけど、中でも個人的に一番感動したのは、やはり成田氏の原画の数々・・・これぞまさに芸術や!と、心の中で叫んでも~たわ(^^ゞ
全てご出身の青森県立美術館蔵、っていうのも嬉しすぐるしな(^_^)v
も~これだけで、入館料1000円の元は取っておつりが来るぐらいやった(^o^)

んが!!
それなのに・・・ああそれなのに・・・図録にそれら氏の原画が全く掲載されてないのはなじぇ!?(T-T)(T-T)(T-T)
って・・多分著作権の関係なんやろ~けど、当然あるもんやと思って買ったんで、超絶ショックやったぞ(>_<)
他は言うことなしやったのに、今回唯一のマイナスポイントやと思う(T^T)

う゛ぅ・・・せっかく帰宅してからじっくり眺めようと思ってたのに・・・(T-T)(T-T)
って・・・嘆いてても仕方ないんで(^◇^;)もう止めにして・・・

今日は午後2時から学芸員さんのギャラリートークがあるということだったんで、しっかり参加してきたよん(^o^)
んでも、内容的にはごくごくフツ~だったかなf(^ー^;
いや・・決してダメやったと言ってるワケやなくて、実は超マニアな方だったりしたら面白いやろな~と、密かに期待してたもんで(爆)、そういう面ではちょいと肩透かしやったというか・・(笑)
んでも、お客さんのほとんどが、これまたごくフツ~の(マニアやない)方々やったと思うんで、あれぐらいの感じが丁度良かったのかもねん(^o^)

ということで・・・
自分へのお土産は、図録+クリアファイル2種セットに、並べられていた剛柔取り混ぜた書籍の中から、ご存じ小学館の「ウルトラマンメビウス超全集」をセレクト(爆)

いゃあ~・・・なんせ、カドクラハヤトのショット×3と、キャラ紹介があったもんで・・(^^ゞ
て・・・結局それかい自分・・・(;^_^A アセアセ…

なにはともあれ(笑)成田氏の件以外は大大満足で、ホンマ出かけて良かったと思う展示やったよん(^o^)
ただ、マジで足が棒状態になったけどな・・・(^◇^;)
やっぱり昨日隊長見ながら(SREDね(^^ゞ)ステッパーしたのが敗因やったのかも・・(爆)

・・・と、いつもながらのしょ~もないオチ(オチかこれ!?(^◇^;))がついたところで・・
これにてレポ(いやレポて・・)終了っ!!
長々読んでいただいてどうもでしたん(^_-)-☆

« 全力でCM(笑) | トップページ | とりあえずお知らせ・・ »

コンサート・舞台等」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うわー、いいなあ。成田亨展ですか~。。。
あの、シュッとした絵が好きですー。

最近は、篠原さんとか出渕さんとかもご活躍で、お二人とも大好きですが、やっぱり基本は成田さん!
原画なんて、とっても羨ましいです。
美しいんでしょうねえ、見てみたいなあ・・・。

にしても、メトロン星人とちゃぶ台とか、なんてわかってるんでしょう!やっぱり赤い照明を当ててもらったりしたくなっちゃいますかね。(笑)メトロン星人は夕日でないと!(笑)

ほんと、素敵なイベントですねえ。。。特撮博物館も行きそびれちゃって、がっくりなんですが、地方でもやるというし、どこかで行けたらいいなあ、と思ってます。(て、どこでやるんでしょう・・・。とほほ。)

>イラ様

成田さんの原画はそりゃもう本当に素晴らしかったです!
特にケムール人とダダ・・いや、もちろんレッドキングもキングジョーも、その他全部良かったんですが、先の2つはできればいつまでも眺めていたかったというか・・
なのに図録に載ってない(泣)って、まだ言うか・・って感じですが(^_^;、期待してた分悲しかったです。
見られただけでも良しとしなければいけないんでしょうが・・

>最近は、篠原さんとか出渕さんとかもご活躍で、
出渕さんのお名前は闘将ダイモスで知りました。
戦隊物でも、印象的な敵キャラをデザインされてましたよね。

で、篠原さんの方は、寡聞にして存じ上げてなかったんですが、調べたら、555でオルフェノクのデザインをされた方なんですね。納得!
ていうか、ジュウレンジャーやソルブレインも・・!
何見てたんや自分、って感じっす・・(^◇^;)

>やっぱり基本は成田さん!
イラ様の仰るとおり、成田さんのデザインあればこそ、ウルトラマンも怪獣達も、今に至るまでの人気を得ることができたんだと思います。

>ほんと、素敵なイベントですねえ。。。
全くそのとおりです。訪れた人みんなが、きっと幸せになれたんじゃないかと(^o^)
関西&中四国地方での開催は香川だけらしいので、まさに手を挙げた高松市美術館さんGJ!です。

特撮美術館の地方巡業も楽しみです。
実は地元美術館は、過去、ジブリ展と手塚治虫展を開催してくれた実績があるので、密かに期待しているのですが。
何にせよ、地方巡回時はお互い行けるといいですね(^_^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 全力でCM(笑) | トップページ | とりあえずお知らせ・・ »