« 第7話「江戸城悲話」 | トップページ | 第9話「千姫と彦左と太助」 »

悲しいよん・・(T-T)(T-T)

作家の北杜夫さんがお亡くなりになってしまわれた(涙)
つい最近、ネット上でインタビューを拝見し、ユーモアたっぷりに「後は死ぬのを待つばかりです」などと仰っているのを読んで、ご病気後のリハビリ中やったとはいえ、これならまだまだお元気でいらっしゃるに違いない、と嬉しく思ったばっかりやったんで、マジ悲しさもひとしおやわ(>_<)

ホンマ大好きな作家さんやった・・

「航海記」「昆虫記」「青春記」をはじめとする「どくとるマンボウシリーズ」は無論のこと、「ぼくのおじさん」「船乗りクプクプの冒険」なんかの子ども向け作品、遠藤周作さん達お仲間との対談集なんかも楽しく読んだけど、何より素晴らしいと思ったのは処女小説の「幽霊」、思春期のごく限られた期間にしか持ち得ない、まさにガラス細工の様に繊細な感情が織り成す心の揺れを、あり得ないほど美しい文章で綴ったその本を読んだ時の衝撃は、まさに「魂が震える」ような体験で、冒頭から感動のあまり何度涙ぐんだことか・・

それらの本は幸い、自宅の書庫に今も保管されてるんで、また読み返すことができるけど、ご本人はもうこちら側にはいらっしゃらないのかと思うと、本当に本当に寂しいよん(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)

謹んでご冥福をお祈りいたします。

で、その昔仕事の関係でちょっとしたご縁があって、直筆のハガキと、マンボウマブゼ共和国(北さんが作られたミニ独立国)の通貨(紙幣とコイン)を所持してるんで、せめてもの思い出にそれらの通貨の画像でもUPできれば・・と、思い当たる所を数時間(^◇^;)探しまくったんやけど・・・案の定出てけぇへん(泣)

う゛ぅ・・大切にしまっとこと思て、大切にしまいすぎてどこやったか忘れても~たがな・・・(泣)
あまりと言えばあまりにアホすぎるわ自分・・・(再泣)
ああ・・やっぱいい加減家の中の整理をせんとあかんのやなぁ・・・(泣)

・・・とりあえず夜も更けたんで(泣)もう寝るし(>_<)
どうかどうか近日中に見つかりますように(切実)

« 第7話「江戸城悲話」 | トップページ | 第9話「千姫と彦左と太助」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第7話「江戸城悲話」 | トップページ | 第9話「千姫と彦左と太助」 »