« な、訳で・・ | トップページ | 画像差し替え »

松竹時代の近衛パパ

ここんとこ、パパキャラ辞典(笑)用に映画の見直しが日課になっていて、中でも松竹作品が自分の中でかなりの(笑)ブームに。
それも、主役より「ちょこっと出演作品」の方により食指が動くんだよねん。
考えてみれば、ハマった当初に喜んで買ったものの、実際に見てみて、「え゛・・これだけしか出番ないのん!?」とか、「うそん・・ここで死ぬってか・・」等々、かなりがっくり来て(笑)それっきり、っていうのも割とあるんで(爆)そういうのをもう一度ちゃんと見たいなぁ、と。

もちろん、見返してもやっぱり「う゛~ん・・(^◇^;)」なものもないとは言えんけど(笑)、それはそれでまぁいっか~~と割り切り済みだよん(^_^)v
むしろそれより、あ、ここでこういう表情されてたんや(*^。^*)とか、この剣捌きめっちゃかっこええ~~!!(=●^0^●=)といった発見や喜びの方が大きいんで、結果的に日々楽しい時間が過ごせてるかな(笑)
(←とはいえ、あんまり冗長な箇所は、1、5倍速音声ありで早見してるけど(笑))

で、今は「伝七捕物帖」を鑑賞中(笑)
これも作品によって出来不出来の差が激しいように思うけど(←ちなみに一番好きなのは人肌千両)、それより何より、パパと高田さんの立ち回りの差の方に、改めて感心してまうわ(笑)
なので、そこまで凄い剣捌きで追いつめてるのに、いきなりあっさり捕まる(殺られる)パパキャラの不思議ってのにもな(爆)

これって、当時の観客達(←特に殺陣好きな人)にとっても、かなり違和感があったんちゃうやろか??と思う。
でも、だからこそかえってパパの殺陣の素晴らしさが印象付けられたんだと思うと、以前映画祭のトークショーで永田さんが仰ったように、まさに高田さんはパパにとって大恩人なのかも知れないなぁ、と思ったよん。
(←いや・・高田さん嫌いで言ってる訳じゃないんで、念のため。「七変化狸御殿」の時の森の精(爆)みたいなトンデモキャラでも、照れずに堂々と演じきれるのは凄いと思うし)

ということで、まだしばらくはこの状態が続くかも。
んでも、(兵庫の再放送も始まるにせよ)やっぱ新作も見たいんで、一応4月からに期待するわ。
頼んまっせ時専&東映チャンネルさん(←もはや定番(^◇^;))

« な、訳で・・ | トップページ | 画像差し替え »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« な、訳で・・ | トップページ | 画像差し替え »