« ちょこっと↑↑上向き(笑) | トップページ | 反省すれど後悔せず・・(笑) »

ジャンケン娘

本来なら今日は、泊まりがけで上京して宮内タカユキさんのライブ・・にゲスト出演する影丸茂樹氏(笑)を見に行くつもりで、ついでに新文芸座の東宝特撮映画特集にも行ってやろうと目論んでたんやけど、スケジュール的にどうしても無理になっても~て断念、その代わりというのも何やけど(笑)、地元で上映していた「ジャンケン娘」(1955年、東宝)に夫婦で行ってきた。

いゃあ~~期待通りだったんで嬉しかったわ(^o^)
その昔、高校生?か大学生?の頃に、このひばり&チエミ&いづみの3人娘シリーズのどれか(←つか、ひょっとして本作だったかも??(^◇^;))をたまたまテレビで見て、その脳天気な明るさ(←褒め言葉)にやたら感心した記憶があったんやけど、当時は3人が歌い踊る部分の印象だけが強かったのに、今改めて見てみたら、実はストーリーもそれなりにちゃんとしていたんやな、ってことにちょい驚いたり(笑)

いや・・ちゃんとしていたと言っても、そこはそれ・・3人の魅力を見せるのがメインなので、雛菊の初恋話も、ルリの親子関係話も、それ自体の深みはないんやけど、この場合はそれでいいんやと思う。
何よりこれぞプログラムピクチャーという(←この文句、我ながら良く使ってるぞ(^^ゞ)べき魅力、映画が世間の最大の娯楽だった時代ならではの魅力が画面に溢れてて、もうそれだけで十分、っていう感じだったんやもんな。
思わず「古き良き昭和」なんつ~常套句が脳内に浮かびつつ、若干のノスタルジーも憶えながら(←と言っても、封切り時はもちろん生まれてないよん、年のため(笑))最後まで飽きることなく楽しめたよん(^_^)v

尤も、夫は例によって「あまりにも典型的なプログラムピクチャーすぎてちょっと・・」などと、文句言ってたけどなf(^ー^;
ま、何を見ても一言批判したがる困った性格なんで(爆)、聞いてても「また始まったか・・・」ぐらいのもんやったけど(笑)

んでも、流石に観客の年齢層は高くて、ひょっとして・・ここじゃ自分が一番若い・・かも!?と言えるぐらいのレベル。
んん~~どうして今のリアルに若い(笑)世代って、映画に限らず昔のものを「面白くない」と敬遠してまうんやろ~なぁ・・・
いつぞやHikkiがツイッターで書いてたけど、そうやって決めつけて過去の作品に興味を持たないってのは、結局ものすごく損をしてることになると思うぞ。

て・・何やら話がずれてきたんでもう止めにして・・・f(^ー^;
映画自体は良かったけど、上映フィルムがニュープリント・・ではもちろんなく、何と封切り当時のものだったんで、せっかくのカラーも退色が甚だしかった(セピア色・・ならぬマゼンタ色(^◇^;))のがちょいと残念やったな。
ま、このシリーズって全作DVDが出てるみたいなんで、レンタルすれば本来の色は見られるんだろうけど。

おまけに、「上映途中に切れるかもしれないので、その場合は速やかに繋ぎます」なんつ~張り紙がしてあって、ある意味スリリングだったものの(笑)そういったトラブルはなかったんでホッとしたわ。
ただ、所々繋がりがおかしかったんで、今までにも散々同様のことがあったんやろ~なぁ・・と思いはしたけどな。

ともあれ、最近夫婦で微妙に映画(特に昔の邦画)づいてる(←前にも書いたけど、これはそもそも、こっちがパパにハマって映画祭行ったのがきっかけかと・・(笑))んで、今後も機会があればどんどん見に行く予定だよん。
ちなみに来週はお隣香川の善通寺市に、これまた2人して映画を見に遠征予定(^_^)v
楽しみっ(^_-)-☆

« ちょこっと↑↑上向き(笑) | トップページ | 反省すれど後悔せず・・(笑) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょこっと↑↑上向き(笑) | トップページ | 反省すれど後悔せず・・(笑) »