« 運命峠第15話「母恋い無心剣」 | トップページ | それぞれの元旦(爆) »

それぞれの大晦日(笑)

今日は昼から夫と共に「最後の忠臣蔵」を鑑賞してきたよん。
いゃあ~・・前評判に違わず、良くできた作品やったと思う。
決して派手さはないけど、胸の奥深くに染み入るストーリーには涙腺緩みっぱなし(^^ゞやったし、なおかつ徹底したこだわりに裏打ちされた映像の美しさ(ライティング等含む)も目を見張るもんがあったわ。

この話って、見る側によってどの部分に一番心を打たれるかが違ってくると思うんやけど、自分はやっぱり、ラブストーリー的な見方で捉えるというか、孫左衛門と可音の、互いに惹かれつつも、決して結ばれることのない恋の切なさ・・みたいなところに尤もじ~んときたかな。
無論、見事にタイトルとリンクしてるな~と思った、あのラストシーンにも涙ぽろぽろやったけど(^^ゞ

可音役の桜庭ななみさんは、初セリフを聞いた時には、どうなることかと心配したものの(爆)、そのぎこちなさや明らかな不慣れ感が、反対に彼女の隠された氏素性を表すのにプラスに作用していたように思う。
(←これは夫も同じことを言うとった)

そうそう・・夫と言えば、見ながら、「生まれた娘がブサイクだったらどないすんねん」とか、「もし男だったら(以下同文)」とか、果ては「あんな風に女に一目惚れするような男は、結婚後に絶対浮気するって」とか考えてたらしい(^◇^;)

も~ホンマにあんたという人は・・・(;^_^A アセアセ…

ま、映画自体は良かったらしいけど(笑)

あ・・でも、「もし男だったら・・」に関しては、個人的には全然ありかも(笑)
ええやんストーリーもそのままで・・・って、いかんいかん、雪まで降るぐらいの寒さやっちゅ~に、こんなとこで腐ってる場合やないか・・(爆)

ともあれ、その後晩ご飯用の買い物をして夕方帰宅。
出かける時にはまだ寝ていた(^◇^;)次女が、「おっはよう~」と出迎えてくれたわ(爆)
もちろんその後は、再びアニソン歌いつつパソコンに没頭という、相変わらずのマイペースオタクっぷりを貫いとったけどな(笑)

でもって長女はというと・・先日やっと神戸から帰省してきたっつ~に、何でもスマップのファンクラブから応募した、スマ出演のTBS「カウントダウンTV」年越しライブの番協(番組協力の略らしい)に当選したとかで、昨夜から夜行バスで上京して家にいないという・・(笑)
さっき電話で聞いたら、東京には人がめちゃ少ないそうな。
そりゃ~みんな田舎に帰省してるって(笑)

で、赤坂のスマップショップに行ったら、ツヨポンが来たらしい。
んでも、自分が店を出た後にキムタク(こう呼ぶと彼女は怒るけどな(笑))が来たんで、後少し整理番号がずれてたら会えたのに(>_<)と悔しがっとった(^◇^;)

もちろん本番は今夜、4時間立ちっぱでライブの観客として参加するんで、ひょっとしたらテレビで彼女の頭のてっぺんぐらいは映るかもねん(笑)

なので帰宅は元旦、も~ホンマに・・・とは思うものの、もしラピュタや新文芸座あたりで、「年越しオールナイト近衛十四郎スペシャル」(←どんなんやそれ(^◇^;))なんつ~特集上映があったとしたら、きっと自分もソッコ~で上京してるハズなんで何も言えんわ(爆)

っつ~ワケで。
年越しソバも食べ終わり、今は次女が見ている「ガキ使スペシャル」を時々横目で見つつこれを書いてる次第。
ちなみに夫は、映画で疲れた目を休めがてら自分の部屋で休憩中。
さて・・んじゃま、こっちもそろそろ自室で大吉+エアロタイムに突入すっかな(笑)

・・以上、南家それぞれの大晦日模様、ということで(^_-)-☆

« 運命峠第15話「母恋い無心剣」 | トップページ | それぞれの元旦(爆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 運命峠第15話「母恋い無心剣」 | トップページ | それぞれの元旦(爆) »