« 香川遠征 | トップページ | 地デジ化 »

引き続き・・

パパ映画ブーム(笑)につき、今夜のチョイスは1959年の松竹作品「紀の国屋文左衛門」
・・つか、正式なタイトルは「荒海に挑む男一匹 紀の国屋文左衛門」らしいんやけど、長い上に説明臭い(爆)んでちょい省略するわ(^^ゞ

映画の内容&感想については、時間がないもんで詳しくは書かんけど(←早よ寝んと睡眠時間が・・(^◇^;))、要は、一度どん底の生活に落とされた紀伊國屋文左衛門が、再び大商人として復活するまでの話だよん。
メインストーリーはいたってシンプルな上、それを彩るエピソードも程良くて余計な部分がないんで、すっきりとして見やすく、個人的には結構面白いと思う。

でもって、我らが近衛パパ(*^。^*)は、紀州の殿様、紀州大納言光貞役(←ちなみに文左衛門は高田浩吉さん)
映画&テレビを通して演じられた徳川将軍家ゆかりの人物の中でも、一、二を争う偉い人(笑)のような気がする。
無論その役柄どおり、常に重厚さが漂い、御三家らしい品格と威厳もあって、も~めちゃめちゃ格好ええ!!(=●^0^●=)
・・・いや、かっこええんはいつものことやけど・・・(^^ゞ
それに、出番はそう多くないけど、所謂「美味しいとこ取り」なんで、ファンとしての満足度も高いよん(^_^)v

・・んでもこの映画、できれば劇場の大スクリーンで見てみたいぞ。
何故って、正式タイトル(笑)にもあるように、大時化と闘いながらの航海の様子を描いた、言わば特撮の部分がかなりいい出来やと思うのに、レンタル落ちのこのビデオ(←以前ヤフオクで購入)ときたら、元々の画質がかなり悪くて、色彩も退色してるし、おまけにあろうことかスタンダードサイズなんで、先に書いたせっかくの場面が、なんかチャチく見えてまうんやもん・・(^◇^;)
それにあちこち相当飛びまくってる感じやし(爆)

ネットで見てみたら、10年近く前に、シネスコサイズ版が上映されてるみたいなんで、その時のポジがまだ健在だったらいいんやけどなぁ・・・
それかせめてスカパーで放映を・・・

てことで・・・頼んまっせ時専チャンネルさん!!
期待してるんでお願いねっ(^_-)-☆

« 香川遠征 | トップページ | 地デジ化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 香川遠征 | トップページ | 地デジ化 »