« 「十兵衛暗殺剣」 | トップページ | 「博徒対テキ屋」 »

「花笠道中」

もうな、「十兵衛暗殺剣」鑑賞+目黒さんのトークショーときて、その後ほぼ間髪を入れずに本作上映だったんで、頭の中を切り替えるのにめちゃくちゃ苦労したわ(爆)

・・って、もちろんバカにしてるんじゃないよん(^_-)-☆
それどころか、DVDも持ってるし、先だっても見返してたほどなんで、かなり好きやと言える作品かも。
何てったって、何も考えずにひたすら楽しめるところがいいよねん。
て・・それはこれまでここに感想をUPしてきた、「獄門坂~」とか「雲の剣~」とかにも共通してるんやけど、本作はそれに加えて、美空ひばりさんの二役が見られるミュージカル時代劇、ってところがミソやんな(^o^)

と言っても、近衛さんも歌う・・訳ではもちろんなく(笑)、歌い手(歌い手て・・)は、ひばりさんと相手役の里見浩太朗さん、そしてひばりさん弟の花房錦一さんだよん。
ちなみにひばりさんの二役は、娘さんとその弟の若いヤクザで、特に弟の方の賽の目の新太を演じてる時の、中世的な魅力がかなりいいと思う(*^。^*)

あと、この際白状すると(笑)、この頃の花房錦一さんって割と好きやねん(^o^)
近衛さん主演映画にも結構出てらして(←先に挙げた「獄門坂~」とか、「豪快千両槍」とか、「夜霧の長脇差」に「つくば太鼓」も・・)、ちょい情けなくてしょっちゅうドジ踏んだりしてるけど、そこがまた可愛い(#^.^#)っつ~キャラを確立してると思うぞ。

ともあれストーリーの方は、堅苦しい生活が嫌でお城を飛び出し、今では肩の刺青から緋鯉の寛太の名を持つヤクザになった浜松7万石の若様(里見さん)が、お家の大事を救うため、弟分の賽の目新太や、その弟の金次(花房さん)と共にお城に戻って悪を討つ話(笑)
もうこう書いても分かるように、当初からあり得ない設定なんで、それを承知の上で鑑賞すべきものなのは言うまでもないよん。

でもって近衛さんはと言うと、これまたいかにも~~な謎の浪人(^o^)、伊丹隼人役。
ま、ネタバレすると、初登場時は敵か味方か分からず、そのうちもしかして敵?と思わせておいて実は・・な美味しい役所・・なんやけど、んなもん、最終的に味方になるやろ~ってことは、封切り当時も今も、見てるお客さん全てが分かってると思う(笑)

で、この手の時代劇ならではのお約束も満載なら、ツッコミどころも満載で、無意味な虚無僧のコスプレ乙、とか(笑)、大井川の渡しの攻防がビジュアル的にちょっと間抜け(笑)とか、自分の悪口言われてるんやから、歌い終わるまで待つなよ家老(原健策さん(笑))!!とか、色々あるんやけど、中でも一番ウケるのが、寛太達を見事これで仕留めてみせる、と、悪家老の手下達の前で、懐から南蛮渡来の連発銃(←本人談)を取り出す隼人の図。
・・なして一介の浪人がそないな物を・・・

感心してないでそれに気付けよ!!>手下の皆さん

とまぁ、こちらもいつも通り心中で叫ばしてもらったわ(^◇^)

そうそう、浪人と言えば、隼人が5両で用心棒に雇ってもらおうと交渉するくだりで、館内から思わず笑いが(笑)
確かにあのシーン、後のダンナズを彷彿とさせるものがあったもんなぁ・・
んでも、実は近衛さんは松竹時代から、絶対コメディの素質あるわ、ってな演技を度々披露してくれてるんだよねん(^_^)v
そういうところを見つけるのも、ファンの密かな楽しみということで。

最後になっても~たけど、本作の近衛さんの殺陣もめちゃめちゃ格好いいのは言うまでもないんで(^_^)v
ていうか、はっきり言って1人だけ動きが違いすぎるねん(爆)
ひばりさんも、女性では殺陣の上手い方やとは思うけど、刀の重量感なんか全然やし(←これは比べる方が酷か・・)、里見さんは槍で奮戦してるものの、やっぱりややもっさり気味なんで(^◇^;)、余計に近衛さんの上手さが際だってたよん。

あ・・ただ、ビジュアル的には・・
あのな、めっちゃ想像で物言うけど、この頃の近衛さんって、ひょっとして日々お茶屋に入り浸ってた頃では??(爆)
なんか、見た目的に、毎晩寝ないで夜遊びしてます(^_^)v、っつ~感じの顔に見える(←特に目元とかな~)んやもん(爆)

って・・繰り返しになるけど、単にそうかもな~レベルの他愛ない戯言なんで、深く追求しないでねん・・(;^_^A アセアセ…

« 「十兵衛暗殺剣」 | トップページ | 「博徒対テキ屋」 »

剣聖近衛十四郎(近衛さん映画祭関係)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「十兵衛暗殺剣」 | トップページ | 「博徒対テキ屋」 »