« 第74話「お山の大將が二人いた」 | トップページ | 勿体なさすぎ・・その4 »

ミュージカル「アニー」大阪公演

行ってきたよん(^_^)v
チケットを取ったのが遅かったので最後列(^◇^;)だったけど、もともとドラマシティのキャパがそう大きくない上に、しっかり双眼鏡を持って行ったので、キャストの方々の表情はバッチリ!!
・・いゃあ~~・・1年ぶりに目黒ウォーバックスを堪能できて感激やった(=^0^=)
あと、私の見た回はアニーが佐々木李子ちゃんだったんやけど、彼女めちゃ良かったわ(^_^)v
何より子役にありがちな作った表情がなくて、笑顔が自然だったのがポイント高し。
それからミスハニガン役の朝倉未稀さん、流石に歌は上手いよねん。
なかなか迫力もあってかなりハマってたと思うぞ。
水谷あつしさんのルースターは、なんかイマイチ憎めない感じでナイス(笑)
もちろんストーリーは言うまでもなく、今年も前向きなアニーから、ありったけの元気を貰えたと思うよん(^o^)
あ・・出待ちはせんの??と長女に言われたものの、んなことしたら帰りが何時になるか分からないのであえなく挫折。
てか・・正直今はパパ愛一直線(爆)なんで、そこまでの情熱は流石になかったりしてなf(^ー^;
いゃあ~・・1年で変われば変わるものなのねん・・・(^^ゞ

で、その後かっぱ横町にある紀伊国屋の映画本専門店で、時代劇本買って散財(^◇^;)
パパ関係は、「嵐寛寿郎と100人のスター男優編」と、「テレビが生んだ悪役スタア 天津敏」の2冊で、特に天津さん本の、「忍者狩り」山内監督のインタビューは最高!!やった(^_^)v
以前ネットで読めたものより詳細な内容で、すごく充実していたんで嬉しかったな。
この映画の撮影時エピソードで個人的に一番好きなのは、パパがロケの時に、女子高生達が自分の名前を知らなかったんで、これからはテレビの時代なんだと感じて進出を考えるきっかけになった・・という有名な?くだり。
で、いざ「月影兵庫」が大ヒットしたら、どこにロケに行っても「近衛十四郎だ」って言ってもらえるんでご満悦だったっていう・・。

パパかわゆす~~!!(=●^0^●=)(=●^0^●=)(=●^0^●=)

・・って、無論その背景には、戦後端役から再びスターの座に返り咲いた苦労人ならではのパパの、一方ならぬ思いとか・・色んなものがあるんだろうけど、なんか単純に私的ビジュアルとして、ロケ先で沢山の見物人に囲まれている笑顔のパパ・・っていうのが脳内に浮かんでほのぼのしちゃうんだよねん。
んん~~・・完璧妄想の世界に入ってるのかも(爆)

とにかくそんな訳で、なかなか充実した休みやった。
明日は仕事やけど、せめてアニーを見習って文句を言わずに(^◇^;)励むようにするっす(笑)

« 第74話「お山の大將が二人いた」 | トップページ | 勿体なさすぎ・・その4 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

突然すみませんsweat02
アニーの上演時間教えていただけませんか??

>ゆさま

え~と・・公式サイトの公演情報をご覧になるのが一番早いかと思いますよ。

http://www.ntv.co.jp/annie/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第74話「お山の大將が二人いた」 | トップページ | 勿体なさすぎ・・その4 »