« 柳生旅日記 竜虎活殺剣 | トップページ | 第66話「鬼が命を洗っていた」 »

三者面談

一昨日から一泊二日で、夫と共に県外の全寮制高校に通う長女の三者面談へ。
早いもので彼女も3年生・・その間本っっ当~~に色んなことがあったけど(^◇^;)、何とか自身の方向も定まり、夏休み明けから受験に向けての自宅学習に入るので、これが最後の面談になるはず・・と思うとただただ感無量。

さて、行きはちょい旅費をけちって近鉄利用。
電車の中で読もうと、難波駅の本屋で「特撮ヒーローBESTマガジン 講談社」と「やくみつるの昆虫図鑑 成美堂出版」を購入。
やくさんの方は、自宅のある世田谷区にいる(あるいはかつていた)昆虫たちのエッセイ+ミニ図鑑といった趣。
そもそもやくさんが日本昆虫協会理事をされているなんて全く知らんかったぞ(^_^;
ともあれあっという間に読めるし(笑)虫好きなら共感できるところも結構あったりして、買って損はないかなと思ったよん(^_^)

で、もう一冊の「特撮ヒーロー~」、決して安くはなかったし(税別1714円)シュリンクされてたんで中身も分からなかったものの、まぁ講談社なんでハズレはないだろう・・と思い切って買ってみたら・・これが大当たりやった。
いゃあ~~濃いわ~~~!!(^O^)
小さい字で中身ぎっしりなのに加えて、流石というか何というか、貴重な当時のスチール等も満載やし、え!?こんな方まで!?ってなインタビュー(江木俊夫さん、水谷豊さん、潮哲也さん、佐原健二さん、金子吉延さん等々)とかも沢山。

こりゃ~すげ~~♪♪と喜んで見ているうちに気がついたんやけど、これって以前出ていた雑誌「特撮ヒーローBESTマガジン」からのダイジェスト再録だったのね。
この雑誌、何度か本屋で見かけたものの、いつも一冊しか入荷してない上に、立ち読みされた跡が顕著だったりしたもんで、ついぞ買うことがないままだったんやけど、こんなに盛りだくさんな内容だったんなら、ちょっと全冊揃えてみようかなと思ったよん(←手始めに昨夜帰宅後に、赤影さん表紙のVOL.6を密林でポチ済)

それにしても・・60年代~70年代当時の特撮って、撮影時は俳優さん達も命がけ(^_^;だったんやなぁ・・というのが改めて良く分かったぞ。
でもそれだからこそ、作り手側の手作りの情熱と熱気にも溢れていて、更に映画からテレビ界に流れてきた方達が多かったから、作品としてのクオリティの高さもかなりのもので、結果として今でも、当時子どもだった人達の心の中にしっかりと残っているんだろうなぁ、と。
(←つか、今はそれらを見て育った世代がクリエーター側に回ってて、オマージュっぽい作品を作ってたりするし(^o^))

あと、パパファンとしては、時代劇から特撮に流れた方々のお名前、特に「三匹の浪人」を監督された平山=東映特撮の父=亨氏や、「夜霧の長脇差」が初監督作品で「豪快千両槍」や、あの「十兵衛暗殺剣」を撮られた倉田準二氏、初監督作品にして傑作の「忍者狩り」を撮られた山内鉄也氏、それに素浪人シリーズのメイン監督だった小野登氏のお名前が拝見できたのも、めっちゃ嬉しかったよん。
(←あ・・倉田氏以下3人は、もちろん言うまでもなく「仮面の忍者赤影」のメイン監督さん達ってことで。余談やけど、関西テレビで赤影の再放送やってるのを知ったのが、ついこの間・・・。くうぅ・・最初から知ってたら、絶対録画してたのにぃ~~~!!(>_<)もういっそDVD買おうかなぁ・・。んでも例によって東映さんは画質がイマイチらしいし・・)

んな訳で、新幹線に比べて約倍かかる時間も全然長く感じず(尤も後半は寝てたけどf(^ー^;)、名古屋に到着、名鉄に乗り換えて宿泊先のホテルへ。
今回、夕食はこのホテルから歩いて数分のこぢんまりしたビストロで取ろうと決めていて、予約して出向いていったんやけど、こちらも大正解やった。
そもそもこのお店、ここ3年はこのホテルが定宿だったんで、いつも前を通っていたものの、お客さんで一杯だったり、閉店後だったりで、ついぞ入ることができなくて、まさに念願の・・って感じ。
あっさりして気取らないフレンチで、お値段もリーズナブル・・ワインも美味しかったし、久々に(笑)、夫婦2人のゆっくりした時間を過ごすことができて大満足やった。

んで、食事後は近くの神社でやっていた、何とも勇壮かつ熱そうな(^◇^;)お祭り(←手筒奉納っていうんやけど・・巨大な筒型の花火に火を付け、火柱が立ったやつを持って神様に奉納するというもの。当然火の粉はバリバリに降りかかってるし、最後には轟音と共に火薬が爆発するしで何とも凄そう。んでも、これってすんごいジェンダーバイアスかかったお祭りやんな(^o^)と、思わず夫と意見が一致したぞ(笑))、を見学して帰る。
んん~~・・実に有意義な夜だったよん(^_^)v

翌日、メインの(^o^)三者面談。
学校スタッフの方々からも、長女が本当に成長したね、とのありがたいお言葉が。
もちろんそれは親としても実感していて、紆余曲折はあったけど、その数多の体験は決して無駄ではなかったと・・それを通して本人の得たものの方が大きかったんだ・・と、素直に思える成長ぶりなんじゃないかと思う。
そしてそれと共に・・いや、それよりもむしろ、こちらの方も、親としてそれにりに成長できたんじゃないか・・っつ~気がするんやけどな(^^ゞ
何にせよ、過去に囚われず、常に未来を見つめて、今その為に何ができるか・・を考え続けることが大切なんや・・と再確認できた時間やった。

ということで、大荷物と共に帰路につく。
時間優先で新幹線を利用するも、それでも片道6時間の道のりは結構ハード(^◇^;)で、夜9時半過ぎによろよろと帰宅(^◇^;)
あ・・帰りの高速バスの中で、じっくり長女と話し合えたのが何より嬉しかったよん(^_^)v

そんなこんなで、疲れたけど充実した2日間だったものの、1つだけショックなことが~(>_<)
もともと超敏感肌なんやけど、なんせ長女の学校にはエアコンがないもんで滞在中汗のかき通し、それが移動中の冷房で冷やされて水分蒸発、結果肌上に塩分が残った状態になってしまって、案の定ちょっと荒れても~た・・(T.T)(T-T)(T-T)
う゛ぅ・・これぐらいなら大丈夫なんでは・・と甘く見てたけど、やっぱダメだったか・・。
せっかく買ったラヴェーラのパックとか、イーコンセプションのクレイスクラブとか、I&Mの美容液とか・・今日色々試してみようと思ってたんやけど・・全部中止してひたすら肌状態の回復に努めなきゃねん・・(>_<)
・・とか言いつつ、昨夜は録画した月影兵庫を見たんで寝たのは3時過ぎだったりしてな・・(爆)
ダメじゃん自分・・つか、パパ愛の方が肌コンディションの回復に優先してるし~・・(^◇^;)
まぁ・・それはそれで・・いいのか・・も!?
とりあえず今日こそは早めに寝ようっと・・・(^◇^;)

PS
昨日は早起きしたんで(笑)ホテルの部屋で初めてじっくりとシンケンジャー鑑賞。
殺陣はなかなかのもんやったけど、やっぱ基本的にはカット割りで誤魔化してるんやなぁ・・。
ま、もともと戦隊シリーズはあのカメラワークこそが魅力なんで、誤魔化してる・・って表現は不適当なのかも知れんけど、往年の時代劇における延々長回し状態での見事な殺陣に慣れてしまうと、やっぱどうしても物足りんわ。
つか・・、そもそもあれを殺陣と呼ぶのか、それともアクションシーンなのか・・っつ~ところからして、すでに見解が分かれるような気もするが(^o^)
しかも、いきなりディケイド(←こちらも初鑑賞)とコラボしていてびっくり(笑)
尤も、途中で朝食を取りに出たんで、最後まで見ることができなくて残念だったよん。

あ、一昨日の夜は夜で、なんかマジンガーZの新しいアニメやってたのを見たりして。
キャラデザも豪ちゃんのオリジナルをかなり忠実に再現してるし、完璧当時の視聴者を相手にしてる作りやったぞ(^o^)
んでも、声優さんで若干下手くそな人がいた(←誰とは言わんが・・)のが残念。
ともあれ、ネットで無料配信してるみたいなんで、気が向いたら続きを見てみようかな・・

« 柳生旅日記 竜虎活殺剣 | トップページ | 第66話「鬼が命を洗っていた」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 柳生旅日記 竜虎活殺剣 | トップページ | 第66話「鬼が命を洗っていた」 »