« 第20話「こぶつき浪人」 | トップページ | 第21話「押しかけ花嫁」 »

リフレッシュ!?

昨日から一泊二日の人間ドックに。
毎年の健康診断はもちろんちゃんと受けてたけど、泊まりドック自体は実に13年ぶり。
いゃあ~~リフレッシュできた~~~!!(爆)
なんせご飯は美味しいし、部屋は広いし(12畳ぐらい。もちバス、トイレ付き。所謂「特室」と呼ばれる病室なのかな。差額ベッド代がいるやつね)
1日目の検査は午後2時前には終わるので、それから後は1人の時間さっ(^_^)b
テレビも見放題だったけど、あんまり昼の番組には興味ないんで(ていうか最近の番組自体・・(^_^;)、とりあえず持っていった「チャンバラ時代劇への招待」PHPエル新書と、「鬼平犯科帳人情咄」文春文庫を読了。2冊とも面白かったっす。
前者は日本を代表するチャンパリスト達の、時代劇に対する熱い思いが、そして後者は鬼平4作に関わった監督さんの、実に味わい深い思い出話がたくさん載っていて楽しめました(^o^)

ビデオデッキが備え付けてあったので、ホントは買ったもののまだ見てなかった昔のソフトが見たかったけど、足がなくて取りに帰れないので一旦は諦め・・けどダメ元で帰宅した夫に頼んだら、珍しく!?快諾\(^O^)/
ありがとう夫!!愛してるよん(*^^)v(爆)
・・ということで、夜は「十兵衛暗殺剣」と「勢揃い東海道」を鑑賞。
「十兵衛暗殺剣」かねがね柳生武芸帳シリーズ全作品中尤もハードボイルドだと聞いていたので、ついていけるかどうか心配だったけど、全くの杞憂。
余分な描写をそぎ落としたスピーディかつスリリングな展開で、ラストまであっという間。
近衛十四郎と大友柳太朗の泥まみれの対決も噂に違わず迫力十分で、誰にも邪魔されず堪能できて幸せでした(^o^)
一方の「勢揃い東海道」は、東映最後のオールスター時代劇・・なのかな。(確か・・)
流石ツボを心得た展開で、各スターの見どころも押さえた安心して見える1本、て感じ。
ちなみに私的鑑賞ポイントは若き松方さんと北大路さんなんだけど(笑)、この場合、弘樹ちゃん&欣也ちゃんと呼んだ方がしっくりくるのかも(爆)
いゃあ2人とも可愛いわ~~(=●^0^●=)
無論彼らだけじゃなくて、渋い近衛さんだとか流石の御大2人もナイス、それに橋蔵さんや錦ちゃんも格好良かったっす~(*^_^*)

て・・何しに行ったんじゃおのれは・・つ~感じやけど・・(;^_^A アセアセ…、無論のこと、採血したり(2日で3回(^_^;)、バリウム飲んだり、腹部エコーしたり・・等々、色んな検査を受けてきたっす。
で、結果は特に異常なし・・でまずは一安心。
んでも・・診断してくれた先生(女医さんやった)、かなりお疲れのご様子やったんやけど。
夜勤明けとか??
いくら胸やら胃やらの詳細なレントゲンを撮っても、診断を下すのはその先生なので、お疲れ状態なのはちょいと心配だよん。
それか、ドック診断が日々のルーチンワークなんで、単に気合いが入ってなかっただけなのかも。
な~んて、職場から行かせてもらってるのに、文句を言ったらバチが当たりますな。
いずれにせよ、最近とみに言われるようになったお医者さんの超オーバーワーク状態をなんとかしないといけないな、などと、患者側として切に思った出来事でした。

と、いうことで。
全ての検査を終えて帰宅したので、これをUPした後は録画していた「柳生十兵衛」を見るワケで(*^_^*)
しやわせ~~~!!(爆)
ま、明日から又仕事なんで、せいぜい英気を養っときますわん(^_^)b

« 第20話「こぶつき浪人」 | トップページ | 第21話「押しかけ花嫁」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第20話「こぶつき浪人」 | トップページ | 第21話「押しかけ花嫁」 »